LECのファイナンシャルプランナーの通信教育の特徴

ファイナンシャルプランナーの通信教育と言えば、LECと言われているくらい、この分野においてはかなり有名です。ファイナンシャルプランナー3級から2級、高度な専門性と実務能力が必要とされるCFPに加え、1級FP、さらには継続教育が受けられる通信教育を用意しているのが一番の特徴とも言えるでしょう。特にAFPとCFPにおいては2年ごとの資格更新が必要となっているため、継続教育の通信講座も用意されています。

たとえば、FP2級の講座では、全く知識がない方でも確実に試験に合格することができるように教材が作られています。ビジネスで必ず役に立つであろう知識を得ることができる内容となっています。基礎を身につけながらも過去問題の出題傾向などから、完璧と言えるくらいまでに仕上げることができるため、LECを利用すれば一発合格も夢ではありません。

そして、知識の深い講師による講義が受けられるという点に加えて、基本の通信web動画やDVDの他にもスマホを使った学習などをオプションで追加することができるのが、最大の特徴であると言えるでしょう。知識の習得はもちろんのこと、問題演習や公開模擬試験などカリキュラムがしっかりと組まれているため、初めてこの分野の勉強をされる方でも、確実に合格できるレベルまで知識を得ることができるでしょう。本試験の時には、類似問題が出題されるなど試験に精通したオリジナルテキストがより一層やる気を引き起こし、理解力を深めてくれるに違いありません。

コメント投稿は締め切りました。